スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

秋の夜長のクルミ

 

うちのすぐ側には大きなクルミの木があるのですが
今年の秋は、クルミの実が豊作でした。

それに喜んで何かのスイッチが入ってしまったうちのダンナが
毎日毎日拾い続けて、リスかよ!というほどに
大量のクルミをゲットするハメになりました。

しかしこのクルミですが
食べるまでには少々手間がかかるのです。

kuru14102.jpg

果皮から取り出したクルミはこんなに真っ黒。
まずは、これをきれいに洗って乾かさなければなりません。

これが一苦労。
クルミのこの黒々とした果皮は、染物に利用できるらしく
服や手袋などにつくと、真っ黒に汚れてなかなか落ちません。

また、殻が硬いのでゴシゴシこすりあわせて洗うのに
結構力がいるんです。大量だったせいもあり
私は二の腕が筋肉痛になりました(-_-)

家の前で、敷地の砂利を黒く染めながら細々と洗っていたら
通りかかった見知らぬご老人が
「奥さん、クルミはコンテナにいれて川へ持って行って
長靴で踏みつけて洗うんだよ!」と教えてくれました。

そうだったのか!
もう残りわずかなクルミを言われた通り
川へ持って行って洗ったら、とてもはかどりました。
ああ、最初からこうすれば良かった……

kuru14103.jpg

さて、このクルミ、このまま割ってそのままでも食べられるようですが
焼いた方が香ばしい香りがついて、ずっと美味しいみたいです。
うちの旧式ストーブの上に適当に放置しておくと勝手に焼けて便利です。

kuru14104.jpg

先日購入したクルミ割器を使って殻を割るのも楽しく
殻の割れるパチン!という音が、とても新鮮。

kuru14105.jpg

そして1個食べると、もう一個という感じで
食べるのがなかなか止まりません^^;

kuru14106.jpg

しかし、秋の夜長に、拾ってきたクルミを焼いて
パチンパチンと割って食べるというのは
なかなか風流なものです!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。



11:23 | 田舎暮らし・古家暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
初雪です | top | 海癒し

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/891-beb4cad2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。