スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

わかりにくい

  

前回、フィギュアについて書きましたが
今回もその続きを少し。

浅田選手、見事に優勝しましたが
残念ながらフリーで挑んだトリプルアクセルは
2回とも成功させることはできませんでした。

公式練習や直前の6分間練習では
クリーンな3Aをこれまでに何度も決めています。
本番で決めるっていうは、本当に難しいものなんでしょうね。

というか、彼女が10代の頃からずっとバンバン跳んでいるので
見ている方もマヒしがちですが
そもそも女子選手が試合で、3Aを跳ぶということ自体が
フィギュア界において、いかに変態であることか^^;

前回のオリンピックから間もなく4年がたちますが
女子では成功はおろか、挑戦する選手さえも
浅田選手以外には現れませんでした。


さて、大技は決められなかったわけですが
2位の選手とは10点以上の差をつけて優勝ということになりました。

フリーでは得点源の大技を2つも失敗したのに、
なぜこんなに点差がつくのか?

これは、3A以外のジャンプはきちんとまとめたこと、
ジャンプ以外の要素も、すべてで最高レベルを取り、
表現面でも、これまでのような高い評価を受けられたこと、
ほぼノーミスだったショートプログラムでのリード、などがあげられると思います。

少し細かい話になりますが
浅田選手が3Aで稼ぐことの出来た点数について。

3Aを跳ぶと8.5点もらえます。この基礎点からさらに
その出来栄えによって、-3~+3のポイントが加減されます。

冒頭の3A、浅田選手は転倒してしまいました。
転倒すると出来栄えは最低の-3。
8.5-3=5.50
転倒は最終的にさらに1点ひかれるので、このジャンプで浅田選手の稼げたポイントは
4.50点ということになります。
(多分)目標としている点数の半分くらいになってしまいました。

しかし、他の女子選手が跳ぶダブルアクセルジャンプの基礎点は3.3。
トリプルジャンプで一番難易度の低いトウループジャンプは4.1。

転倒すると失敗の印象は強まりますが
たとえ転倒しても、回転が認定されて基礎点がもらえると
無難に跳んだこれらの難易度の低いジャンプよりも
ジャンプの点数は稼げる、というのが現在のルールです。

逆に、難易度を下げる代わりに、工夫をしてきれいに跳んで
加点がたくさんつくと、難易度の高いジャンプよりも
点数が稼げてしまうこともあります。

ほかにも細々としたことがありますが、
まあこんな具合にどんどん点数が加算されていって
最終的なスコアは出てくるわけなんですが

わかりにくい……ですよね^^;
やっぱり。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。


19:37 | こころの動き | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
冬用しっとりクリーム | top | 誤審じゃないの?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/759-d84fe8f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。