スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

基礎が大事

     

昨日は茶道の稽古日でした。

稽古の中で、久々に「花所望」というお稽古をしました。
簡単に言うと、みなさんが見ている前で
花を生けるという感じ。

これは、なかなか緊張します^^;
生けやすいように処理された花が、あらかじめ用意されているのですが
花の組み合わせの選択や、花入れとのバランスなど悩み所が多々あり
ですが悩み過ぎてモタモタしてもいけません。

結局、とっ散らかったイマイチな出来のまま
花所望のお稽古が終わりました。

その後、花を先生に直してもらったのですが
ちょいちょいちょい、と少しいじっただけで
あっという間に落ち着いた感じに!

先生が、花の選び方や、全体の形について
いくつかポイントを教えてくれました。

花を花器に生けたりするのは、結局生ける人のセンス次第、
自由でいいじゃないか!なんて
私なんかは思いがちなんですけど
こうした基礎となるポイントを踏まえる「技術」っていうものは
やっぱり大切なんでしょうね。

以前テレビで、独創的な書家の方が
毎日、有名な古典の書を楷書で書く練習をしているというのを見て
へえ~と意外に思ったことがあります。

そういえば、私が好きなフィギュアスケートでも
技術力なしに表現力の向上はありえないというのも
よく言われることです。

センスが試される場面というのは
基本的な技術をちゃんと身につけた上でこその
ことなのでしょう。

何事も、土台となる基礎とは
大切なものですね!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。


13:16 | 茶道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
自然とゆ~ったり | top | ラベンダーの香る石けん

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/727-6a0e2893
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。