スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ソチ五輪への道

巷で話題を振りまいているフィギュアの安藤美姫選手の出産ニュース。
私は以前から、ちょこちょこ書いていますが
フィギュアスケートファンでもありますので
このことについて、一スケートファン目線からですが
感想を書いてみたいと思います。

多くのスケートファンがこのニュースで一番気になっているのは、多分
彼女がソチ五輪代表と成り得るかどうか、という部分です。

テレビで放送のあったショーでの彼女の演技を全部見ましたが
その滑りやジャンプの状態を考えると
出産後すぐで、あれだけ出来てしまうのは驚異!!!の一言。

ですが、彼女の全盛期の技術、それから他の選手達のレベルの高さを考えると
代表になるのは現在のままでは普通に難しいと感じます。
決して意地悪な見方で言ってるわけではありません。
スケート云々以前に、まずは身体を作る所から
始めなければならないという印象を持ちました。

五輪に出場する選手の選考基準について、スケート連盟は
きちんとその条件を表明しました。
詳しい話は省きますが、安藤選手が「確実に」五輪代表に選出されるためには
ズバリ、全日本選手権(12月開催)で優勝するほか道はありません。

最近の報道で、全日本選手権で3位以内ならソチへ!みたいに言っていたんですが
スケ連の条件に照らし合わせると、最低でも3位以内に入らないと
「選出対象にさえならない」という意味で
ただちに代表になれるわけではありません。

こういう報道は、スケートファンとしてはいただけませんね。
まるで視聴者をミスリードしようとしているようで。

その全日本選手権ですが、そもそも安藤選手はこの試合の前に
2つの地方大会に出て上位勝ち抜きしなければ、出場すらかないません。

なお、五輪代表に選出されるためには、これらの試合の他に
国際大会へも出場して、五輪出場するために必要なスコアを
獲得しておかなければなりません。

国際大会へ出場するためには、通常、連盟から強化選手に指定されている必要が
あるようですが、彼女は現在強化選手からも外れています。
そこで連盟は、(多分)彼女の実績を考慮し
全日本選手権前の地方大会の出来次第では
強化選手に復帰させ、国際大会への派遣も考える、という方針を打ち出しています。

安藤選手は、過去に世界女王のタイトルを2回もとっていて
実績はそれはもう十分なのですが
五輪直近の2シーズンを丸々休んでいるので
様々なポイントや権利を失くしている状態なのです。

競技を休む決断をした時に、こういった復帰のリスクは
素人のスケートファンでもわかっていたことですので
当然了解していただろうと思われますが
報道を見ていると、なかなか本人の口から
「地方ブロック大会から頑張ります」というような
はっきりとした声が聞こえてきません。

それどころか一部報道では「特例措置をとるべきだ!」(地方大会免除と言う意味??)
と鼻息荒い意見の声も大きくて
スケートファンとしては、おいおいおい・・・という感じです。

もしも世界レベルで戦える選手が、日本では安藤選手一人しかいないっていう状況なら
そういった特例も、あるいはアリかもしれませんよね。
しかし今の日本には、力のある女子シングルの選手がシニアはもちろんジュニアでも
ひしめいているんです。

皆がソチオリンピックを目標にして頑張ってきました。
ですから代表選出は、当たり前ですが公平であるべきです。

彼女がプライベートで決断した道については
様々な受けとめ方があると思います。
スケートファンの一人として、彼女を長らく見てきた私は
彼女の選んだ道ですから尊重して応援したい気持ちがあります。

ただ、五輪代表選考の話はプライベートな出来事とは全く無関係。
公表していないだけで、様々な事情を抱えている選手は
他にもいるんじゃないでしょうか。

マスコミは、マイナー競技ゆえの無知さもあるのか、わざとかなのか
その辺りをごっちゃ混ぜにして、挙句に本質を巧妙に「すり替え」て
連日発信しているように感じました。
スケートファンとしては冗談じゃないよって感じです。

良い演技を積み重ねて、正々堂々と勝ち上がってくれば
彼女を応援しないスケートファンはいないと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。




13:35 | こころの動き | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
アンタ誰?2 | top | 夏にピッタリの飲み物

comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2013/07/12 11:03 | URL [編集] | page top↑
# 鍵コメさんへ
やはり色々な受け止め方がありますよね。

相手の男性について、面白可笑しくマスコミが取り上げていますが
父親は一人なわけですから、それ以外の一方的に書かれるばかりの男性は
気の毒に思います。

必ずしも相手を明かす必要はないと思いますけど
違うなら違うということは、きちんと表明しても良いんじゃないかとは
私も思いますね。
by: 凪 | 2013/07/15 11:39 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/696-4a640a15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。