スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

静かな暮らし

 
        *うちの裏のクルミの木*


現在、私が住んでいる所は
北海道の中でもすご~い田舎です。

田舎のわりに、地理的には
まだ恵まれてはいる方ではあるんですが
普段の生活する町の規模からすると
北海道の中でもかなりの小ささだと思います。

しかし、その小ささゆえか
ここには本物の「静かな生活」があります。

ここへ引っ越してきてから
たびたびここの静けさについて書いてきましたが
本当に静か。

で、この「静か」という環境って
すごく心身が休まるんだなあって思いました。

よく、病後の回復のために静養地で過ごすとか
勉強に集中するため静かな所へ行くとか聞きますけど
なるほどなあと。
確かに効果があるんじゃないかと思えます。

前も書きましたけど、田舎の「静か」というのは
完全に防音された部屋の静かさとは違うんですね。
自然の音がよく聞こえるということなんです。

自然の音の中で生活していると
自分の身体も自然に馴染むというか
本来の働きを取り戻すような感じが
すごくするんです。

年のせい^^;と思っていた集中力の低下も
ここへ来てからは改善された気がするんですよ。
本を読むスピードが戻ってきました。

田舎暮らしの不便さは、やっぱり大変な面もありますが
この「静かな暮らし」は
今の自分にはとても心地良いです。

うちのダンナは「静かっちゃ静かだよね、え?それが何?」
という具合なので、感じ方には個人差がありますが^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。






10:51 | 田舎暮らし・古家暮らし | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ゆで卵とキッチンタイマー | top | 強制リセット的な

comments

# こんにちは
私も北海道の田舎の小さな村で生まれたので、自然の中の静けさ、わかります。
都会の喧騒もそれはそれで安心感があったりもするのですが、時折無性に自然の中に身を置きたい衝動にかられます。

この前まで暮らしていた関西では、たまたま歩いて行ける場所に身近な自然がほとんどない住宅地の中に住んでいたので、住み始めてしばらくの間、軽くノイローゼ気味になりました(アルプスのハイジ病と勝手に名付けていましたが・笑)

集中力が改善されたというのはすごいですね。たしかに街の中にいるといろんな人工的な音や情報が溢れていて神経のベクトルがあちこち向いてしまうのかもしれないですね。
by: アンナ | 2012/07/24 17:09 | URL [編集] | page top↑
# アンナさんへ
コメントありがとうございます^^

アンナさんも小さな町でお住まいの経験があるのですね。
> 都会の喧騒もそれはそれで安心感があったりもするのですが
あー、わかります。そういう感覚もありますよね。

アルプスのハイジ病^^;
私は、本物の都会に住んだ経験がなく、ごくたまに行く程度ですが
確かにどこまで行っても自然はほぼないですものね。
実際に住んでみたらどんな感じなんだろう・・

> 集中力が改善されたというのはすごいですね。たしかに街の中にいるといろんな人工的な音や情報が溢れていて神経のベクトルがあちこち向いてしまうのかもしれないですね。
正にそうみたいです。
特別、以前の住まいがうるさいと思っていたわけではありませんが
こうして静かな所で過ごしてみると
ずいぶん人工的な音に囲まれていたんだなあと。
by: 凪 | 2012/07/25 11:46 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/550-0bb24926
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。