スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

小さな台所と窓



古い家の一番の泣き所。
それは水回りの設備ではないでしょうか。
その代表の台所。

今回引っ越してきたこの家の台所も
懐かしさ漂う小さな台所ですが
とにかく狭いのです。

以前使っていた台所よりも圧倒的に小さいので
これまでの使い勝手の感覚は
スッパリ捨て去らなければなりません。

台所仕事は毎日のことですから
最初は、不便になった所ばかりが目について
ため息をつきながら作業していたんですが
その不便を解消するために工夫しようと思うと
結構頭を使うことになるんですね。

いい加減脳がサビついてきていたので
これはこれで、なかなか面白い作業でもあります。
まだまだ工夫の余地もありますし。

でもまあ、以前と比べると
不便になってしまったことは否めませんが
圧倒的に良かったことが一つ。

それは窓です。

シンク正面の窓を開けての台所仕事が
とても快適です。

窓の外は、お隣の車庫だし
眺めが良いわけではありませんけど
気持ちの良い風が常時吹き抜けていて
木のまな板もフキンもすぐに乾きます。
換気扇を回さなくても、換気もあっという間。

日の光が入るのも心地良く
電気の明るさとは違う種類のやさしい明るさを
この台所では感じます。
朝と夕方で、ずいぶん光の具合が違うことにも
初めて気づきました。

この台所の窓は、これまでもうずっと開けられた形跡はなく
その汚れっぷりはひどかったんですが(-_-)
掃除をするにつれて、毎日風を通すにつれて
何となく台所自体が
生き生きとしてきたように思えます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。


13:35 | 田舎暮らし・古家暮らし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
古家のすき間効果? | top | こんな所

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/522-42a452bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。