スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

和に和む日

   
今日は習っている茶道の稽古日でした。

先週に引き続き、且坐(さざ)と花月(かげつ)という
5人で行うお稽古です。

私はまだまだ初心者なんですが
多分、どちらも初心者がやるお稽古ではないと思われます^^;
とっても難しい。
雰囲気だけ楽しんできました。

特に且坐(さざ)では、普段のお稽古にはない
香だけをたいて、香りをきくという場面があって
香道の世界を、ほんの少しだけ垣間見た気がしました。
   sadou2.jpg
     左側の入れ物に炭が入っていて、その上で香をたきます

花月(かげつ)は、ものすごく簡単に言うと
くじを引いて、当たった人だけがお茶が飲めるという感じでしょうか。
(こんな言い方では茶道の先生に怒られそう^^;)
花月百回という言葉もあるらしく
百回お稽古しても覚えられない、ということのようです。


わけがわからずとも
茶道のお稽古をしてると
普段の暮らしにはない、とても静かな時間を感じます。

茶道の歴史は古いですから
そんな昔と今がつながる感覚というのでしょうか。
そういうものも感じて、より一層心が静まります。


帰りには、近くのお寺で
古い着物を使用した創作びょうぶなどの作品展をやっていたので
のぞいてきました。
こちらも、また一味違う素敵な「和」の世界。

着物のハギレが売られていたので買ってきました。
ドライハーブを使った匂い袋を作ってみようかと
思っていたのでちょうど良かったです。
     sadou3.jpg

昔の着物のハギレで作った小袋から
ラベンダーやローズマリーなどの「洋」の香りがするのも
またオツかなと
一人ドップリ和に浸っていた一日でした。
15:48 | 茶道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
バラ模様のドイリー | top | ハマるハマる石けん作り

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/4-f6d645f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。