スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ほんの少しの心のゆとり

昨日は、習っている茶道の稽古日でした。
    sadou7.jpg
11月からは「炉」と言って
春夏とは釜を火にかける位置が変わります。コレ↑

ここが変わることで
お手前の手順なども少しずつ変わります。

さらに、普段は「濃茶」のお手前の稽古をしてるんですが
この時期は基本の「薄茶」に戻ります。

これまで何度も稽古してきたはずなんですが
しつらえが変わるこの季節は特に
「え~と、どうだったっけ^^;・・・???」です。

けれど、そのたび、先生は
同じことを何度も何度も
教えてくれます。

何度間違えても、そのたび何度でも。

sadou6.jpg
茶道の稽古というものは
そういうものらしいのですが
例えば仕事の場面などでは
こういったことって、やっぱり
なかなかないですね^^;

仕事と習い事などは
まったく違う種類のもので
単に比べることはできませんけれど。


けれど、仕事であっても

例えば、こうして何度同じことを聞かれても
わかっているなら、わかっている人が
何回だって教えてあげれば
いいんじゃないのかなあ?と思えます。

昔、忙し過ぎて
いつもイライラと働いていた頃の自分だったり
誰かに対して、声を荒げている人を
見かけた時だったり。

ほんの少しの心のゆとり、みたいなものでしょうかね。
そういうものが、あれば・・・
と、しみじみ思ったりします。
そういう「ゆとり」は、失くしたくないですね。
11:13 | 茶道 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
素朴テイストのドイリー | top | モノトーンな風景に

comments

#
心の余裕は必要ですよね。
茶道すてきですね(〜−〜)
私も経験してみたいです。

心が落ち着く趣味があると、
忙しかい時がふりかえられていいですね。
by: 月 | 2009/11/16 03:04 | URL [編集] | page top↑
# 月さんへ
少し心のゆとりがあるだけで
何か聞かれても答えるのを面倒くさがったり
誰かに怒鳴ったり(>_<)って減ると思うんですよね。
最近、そんなシーンを見かけることが多くて・・・

茶道は、制約が多くて
以前なら絶対ダメな世界でしたが
制約あってこそ訪れる静かな時間というのでしょうか。
そこに魅力を感じます^^
by: 凪 | 2009/11/16 12:03 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/36-b849cdbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。