スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

緊張感と和みのバランス

  sei.jpg

先日、かねてから習っている
茶道の稽古に行ってきました。

その数日前に
少々無理な肉体労働がたたって^^;
太ももを痛めてしまい

茶道のお手前には欠かせない
正座ができない状態だったのですが
お茶の雰囲気が好きなので
一応顔を出すことに。

足が痛いので
初めて椅子を茶室に持ち込み
客としてお茶の時間を過ごしました。

・・・あれ??

なんだか、いつもと違います。

私が茶道が好きな一番の理由は
多分「静けさ」だと思うのです。

日常生活では感じられない
凛とした雰囲気、深いリラックス感を
感じるんですね。

それが、さっぱり感じられません。

sei (2)

考えてみると、やっぱり多分
畳に座っていないからではないかと・・・

畳の上に正座しているより
こうして楽な姿勢で
椅子に座っている方が

ずっとラクでリラックスできて
よりおいしくお茶を
いただけるような気もするんですが
そういうわけでもなさそうです。

正座という窮屈な姿勢と、
温かいお茶やお菓子の甘さなど

緊張感と和みの程よいバランスが
茶道独特の深いリラックスを
生み出しているのだなあと
思います。

ダラダラまったり^^;も好きなんですが
茶道がくれるこうしたリラックスも
また良いものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。


14:47 | 茶道 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
男子脳と女子脳の違いか? | top | 霜が降りた朝に

comments

#
お〜、なるほど!
正座ってそんな効果もあるのかもしれませんね。

今でこそほぼイス生活のあたしですが、小さいころは
「正座が上手だね」「キレイな姿勢だね」とよく褒められました。
祖父母との同居だったので、正座に抵抗がなく慣れていただけですが・・
妙に誇らしかったのを思い出しました(○´∀`)
by: むぅ | 2010/11/21 16:41 | URL [編集] | page top↑
# むぅさんへ
むぅさんの年齢で
美しい姿勢で正座できるとは、素敵なことですね〜
お祖父さんお祖母さんの躾が
行き届いていたのですね。うらやましい。

私なんて茶道習い始めてから
やっと初めて正座を意識した感じで
気を抜くと背中は丸くなるし、すぐしびれるし
たまに転がるし(笑)
まだまだ修業が足りません。
by: 凪 | 2010/11/22 08:03 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/271-7c667889
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。