スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

樹齢100歳の梅の木の下で

街のかなり郊外に
市の指定文化財にもなっている
樹齢100歳を超える白梅の木があります。

今回、初めて見に行ってみました。

  umenoki.jpg

大きな木です。

写真に収まりきれませんが
これ↑は全部つながっている一本の木なんです。
花はさすがに散り際でした。

umenoki (2)

この木は
日本の最北に生息する梅のようです。

梅の生息地の北限は、本当はここよりもっと南の地点のようですが
そこを超えた場所で
この梅の木は100年もこうして
花を咲かせているわけですね。

umenoki (3)

堂々たる姿というよりは
周囲のネットや幹を巻く保護テープなどで
一生懸命生きている、という感じがします。

10年ほど前までは
隣に同じ樹齢の紅梅の木があったそうですが
枯れてしまったのだそうです。

紅と白の梅の花が咲き乱れる様は
さぞ美しかったことでしょうね。

umenoki (4)

しかし、100歳の木の持つ
存在感というものは
確かにありますね。

自分の生まれるずっと前から
この木はここで生きていたかと思うと
何だか不思議な気持ちに
なってきませんか。

普段、あまり意識することのない
人の命だとか時間の長さだとか
そんなことが
取りとめなく色々と浮かんできました。

来年の春もまた
きっとここへ来て
こうしてこの木を
眺めていたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。

11:10 | 北国の風景とともに | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
サラリと軽いUVジェル | top | 山菜をシンプルに

comments

# 梅の木。
100歳の梅の木、ですか…。
郊外に、そういう木を見れる場所があるのって、いいですね。。

いまは天国にいる、私の祖父母が生まれる前から
この木はあったんですね…
そして、そのころの紅白の梅の木は、どんなだったのでしょう。
確かに、思いを馳せますね。。

いいお話を聞けて、良かったです。(^^)
by: yururi | 2010/05/24 13:23 | URL [編集] | page top↑
# yururiさんへ
この木の存在は、以前から話には聞いていたんですが
やっと見られました^^

ここは小学校の敷地内で
100年前ほどに苗を取り寄せて
植樹した記録が残っているそうです。

それからず〜っと、ここに通っている子供たちに
見守られているんですね。
時の重みを感じます!
by: 凪 | 2010/05/25 08:28 | URL [編集] | page top↑
#
凪さん、こんにちは^^

100年の梅の木は、ノスタルジックな気分になりますね。
100年間何を見てきたんでしょう・・・。
良い事も悪い事も、そこでじっと見ていたんでしょうね。
土井晩翠の『荒城の月』を思い出していました。

きっと、紅梅が死んじゃった時は寂しかっただろうな。
これからも、長生きしてほしいですね。


↓『まんまる堂』さん、覗いてきましたよ〜
なんか、欲しいモノがいっぱいで^^;
ポチポチっとお買い物しちゃいました♪
by: satto | 2010/05/25 09:35 | URL [編集] | page top↑
#
おはようございます^^

樹齢100年なんて、見事でしょうね。
最北の梅・・・綺麗に咲いています。^^

それを大事に思う人たちによって、こうして大切にされ、そのお返しに咲いてくれてる・・・なんとなくそう思います♪
来年もまた綺麗な花を見せてくれるといいですね。^^
ポチッ♪
by: snowmint | 2010/05/26 08:51 | URL [編集] | page top↑
#
100年…すごいですねぇ〜*゜・゜ヽ(´▽`)/゜・゜*
100年間、梅の木はそこにたたずんでいろんなものをそっと温かく見守ってきたのでしょうねぇ〜(^-^*)
写真がとてもきれいで、梅の木のエネルギーも伝わって来るようです(^-^*)
変わらないってすごいですねぇ〜ヽ(゜▽゜*)ノ

来年も、また見に行ってアップしてくださいねぇ〜ヽ(≧▽≦)/
私も行って一緒に見上げた気分です*゜・゜ヽ(´▽`)/゜・゜*
P(*^^*)
by: mikarin | 2010/05/26 18:06 | URL [編集] | page top↑
# sattoさんへ
そうなんですよ〜
この梅を見ていると
100年という時の重みがせまってきます。
「荒城の月」ナルホド〜
確かにそんな幽玄さやしみじみさも感じました。

紅梅が元気な時にも
一度見てみたかったですね。

「まんまる堂」さん!お買い物されたんですね^^
私も今後また利用しそうです。
by: 凪 | 2010/05/26 20:12 | URL [編集] | page top↑
# snowmintさんへ
ネットは風とか雪よけなんでしょうかねえ。
幹のテープも包帯のようですが(T_T)
大事に大事にされている様子がうかがえました。

梅もそれが
本当にわかってくれているのかも
しれませんよね。

来年も今年のように
またたくさん花をつけてほしいです。
ポチありがとうございます♪
by: 凪 | 2010/05/26 20:20 | URL [編集] | page top↑
# mikarinさんへ
> 私も行って一緒に見上げた気分です*゜・゜ヽ(´▽`)/゜・゜*

そうなんですよ、写真にうまく撮れなかったんですけど
見上げる高さなんです。
枝先の花は肉眼では見えにくいほどで。

100年間、この梅の木はどんなものを見てきたんでしょうね。
この木を見ているだけで
時の重みがせまってきます。

来年もまた見に行ってきます(^^)
by: 凪 | 2010/05/26 20:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://yasasiku410.blog93.fc2.com/tb.php/162-525b17bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。