スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

はるか昔の数学が

  

以前チラッと書きましたが
あまりにも最近の自分の脳の劣化が恐ろしく^^;

長らく仕事もしてませんし、ここ田舎へ引っ越してきてから
しょうがないことですけど友達はもちろん
他愛ない話をするような知り合いさえもいないわで。

で、本屋さんで、薄い中3数学の問題集をたまたま見かけて
錆びた脳のトレーニングには丁度良いかもと思い
やってみることにしました。

中学生くらいの問題なら大丈夫だろうとタカをくくっていましたら
見事に忘れてることばっかりで!
勉強したこと自体は覚えていても、肝心の中身を覚えていない。
定理の名前なんて忘れ過ぎてて新鮮でした。

薄いテキストなのでチンタラやっても終わったんですが
終わってみての感想は、この中学校の数学内容って
今日まで忘れたまま生きてきたけど、
これまで特別困ったことはなかったなあと^^;

でも、数学的な思考っていうんでしょうか、
こことここが等しければ、答えは必ずこれになる、みたいな考え方は
例えば、仕事とか作業とかの段取りの考え方に
とても似ている部分があることに気づきました。

知らず知らず、はるか昔の数学の勉強を通して
自分に生かされた部分ってあったのかもしれませんね。
そう考えると、勉強ってなかなか面白いものだなと思えてきます。

ここ田舎のとても静かな環境は
こういうちょっと集中が必要な作業には本当にピッタリなので
今後も何かやってみよう~という気が起きてきます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
10:20 | こころの動き | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。