スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

怒りを超えて爆笑

オリンピックが始まりましたね!

昔はスポーツにあまり興味が持てなくて
オリンピックも「ほー」という感じでしか
見てなかったように思います。
でも今となってはすっかり楽しみ。

4年に一度のアマチュア選手の夢の舞台ですものね。
自分も年をとって、やっと月日の重みみたいなものが
わかるようになってくると
この日のこの場所へ、すべてを懸けている選手の気持ちを
考えてみるだけでグッときます。
ちょっと熱くなりすぎですね^^;

だからこそ、昨日の柔道のジャッジなんかを見てると
腹がたって仕方ありません。

男子柔道66キロ級、見事銅メダルに輝いた
海老沼選手の準々決勝での数々の判定。

ジャッジシステムそのものに問題があるようですが
この日この時にすべてを懸けている選手達に
失礼なんてもんじゃありません。

最後、審判の旗が全員日本側に翻った時には
怒りを通り越えてダンナと一緒に爆笑してしまいました。
コントかよと。

私はフィギュアスケートファンでもあるので
審判が勝敗に大きな権限を握るスポーツには
心底ウンザリしているんですが
ホント、こういうスポーツ精神そのものを
ぶち壊しにしてしまうようなシステムって
どうなんでしょうかね。

それにしても、柔道は普段見ないので
詳しいことはわからないのですが
自分が知ってる柔道とは
もうずいぶん変わっているんだなあという
印象でした。

柔道というより何か別の格闘技?レスリング?
ジュリーっていう存在も初めて知りました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
10:30 | こころの動き | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。