スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

今、自分ができることとは

フィギュアスケートの浅田真央選手が好きで
ずっと応援してきました。

特に今季のフリープログラム「鐘」は
ラストの決めポーズで
必ず涙がジワッと浮かびます(笑)
何度見ても
とても心に響くものがあります。

こんなスケートを滑れる人が
今の日本に存在するんですね~
素直に感動するばかりです。

*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*

一流アスリートのパフォーマンスに
心打たれるのは
輝く才能を生まれ持っただけでなく
さらに想像を絶する努力を積み重ねて
その才能を光輝かせているからでしょうか。

才能もなくそこまでの努力もしていない凡人には
到底踏み込めない領域です。

でも、次の試合に向けては?というような質問には
「今自分ができることを、しっかりやって」
みたいなコメントもよく耳にします。

これって凡人にも共通ですよね!
一流選手がこういう言葉を使う時
ああ、誰もがそうなんだなあって思います。

*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*

今、自分ができること。

簡単なようで
けっこう見誤ってしまうことありますね。

甘いことばかりでは一つも進歩しませんし
でも無理をしてまでやることは
「今できること」ではないのです。

そこを自分でコントロールしながら
なれる自分の最高形を目指す。

「生きる」とは
そういう側面があるのではないかと
考えさせられます。

*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*

現在のフィギュアスケートの採点方法は
ジリジリと改正(改悪?)に改正を重ね
特に女子シングルは今や暗黒。
いくら採点競技とは言え
素人目にも明らかに「やりすぎ」の感があります。

ですから真央選手が
どんなに素晴らしいと思えた演技をしても
その得点は
ジャッジの箱が開く時まで
本当にわかりません。

しかし、一流選手のパフォーマンスというものは
そんな点数に関係なく
まちがいなく人の心を動かします。

そんな真央選手の演技を
これからも心から楽しみにしています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑ クリックよろしくお願いします。  
スポンサーサイト
08:42 | こころの動き | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。